スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年の不動産業界閑散期

人気ブログランキングへ
↑クリックで更新をあおって下さい

文京区や千代田区を含む東京東側から下町エリアの賃貸物件探し!
東京下町賃貸.com
東京下町賃貸.comへ
賃貸不動産 管理会社
ルームキューブなら、集金代行管理手数料が3%or4千円のいずれか!
---------------------
築15年以上の賃貸物件の空室対策・賃料UPには、ルームキューブのリノベーション!
リフォーム・リノベーション
---------------------

毎年毎年、この夏前の時期は不動産業界で言う「閑散期」に当たります。

この閑散期には物件を所有されているオーナー様や管理会社、
また、仲介不動産業者もあれこれ手を打つ事が少なくないです。

一般的には、「わざわざこの時期を選ばなくても・・・」といった方が多いので、
逆に「掘り出し物件」や、「条件緩和物件」が探せるので、
自分が賃貸物件を探すなら絶対に閑散期に行います

しかし、なかなか皆さんがそう気付いてそう動くというわけではないので閑散期になります。
今回は色んな閑散期の対処法を検討してみたいと思います


◆賃貸物件を所有するオーナー様や管理会社など貸主の閑散期対策

 今現在空室、閑散期に退去予定となっている物件を抱えている場合は、
 何らかの手を打って、入居者を付けておかないといけません。

 ・賃貸条件の緩和
  敷金礼金、賃料の値下げ、フリーレント、ペット可条件の付加など、
  幅広い層のお客様にアプローチを掛ける為の条件緩和。

  弊社は、賃料査定に関しては既存データと、実勢相場を合わせた、
  独自の査定を行い、多くの賃貸空室を埋めてきておりますので、
  賃貸物件を貸したい方は、賃料査定だけでも構いませんので、
  お気軽にお問い合わせください

 ・物件の再生、リノベーション
  魅力的な物件に生まれ変わらせるための設備や内装の充実、
  個性的な物件を作りだし、「物件力」を向上させる。

  この場合、どうせやるのであればとことんやった方がいいと思います。
  「少しずつ」というような発想で取り組むと、
  結局トータル出費が増えるだけでなく、空室期間や、賃料収支改善が進まず、
  「やらなかった方が良かった。」なんてことにもなりますので、
  まずはご相談いただければ具体的な収支プランをご提案させて頂きます

 ・不動産会社の変更
  数ヶ月も空室が続いているようであれば、
  その理由が物件自体や賃貸条件にある場合もありますが、
  募集をしている不動産会社による分も少なからずございます。
  露出を増やせる会社、集客に力を入れている会社に、
  媒介の依頼をしてみるのもいいと思います。

  募集図面が変わったり、会社ごとの営業集客エリアが変わったり、
  広告宣伝の方法やクオリティーもそれぞれ異なりますので、
  それだけで何かが動き始めることもあります

  ただ、「どこの不動産会社でもいい。」というような媒介依頼は、
  逆効果となることが多いので、数社に絞るなどの注意が必要です。
  (参考記事:空室を埋めるには情報をばらまかない方がいい。


◆仲介不動産会社の閑散期対策

 仲介業を行う不動産会社としては、「コスト」と「集客」が重要になります。

 忙しい時期にはアルバイトを雇ったり、広告の数を増やしたり、
 また、忙しい時期にはその逆を行うような会社もおりますが、
 弊社は、一年を通じて常に高いクオリティーの情報と接客を提供し、
 お客様に感じていただく「顧客満足度」を重視しておりますので、
 コスト削減は一切行いません。

 それでは、不動産会社として業務をどうしていけばいいのでしょうか?

 ・掘り出し物件を探す。
  この時期だからこその好条件の物件を探し出し、
  早期に募集を始める。

 ・営業スタッフの能力の底上げを行う。
  繁忙期にはいい成績の営業マンでも、閑散期になると落ち込む場合、
  スタッフ本人に実力があるわけではありません。
  不動産の知識や、社会人としての物事の考え方や姿勢など、
  スタッフ自身の能力を向上させ、より良い業務を行えるようにする。

 ・自社募集物件の情報力を向上させる。
  媒介依頼をいただいている物件の情報を網羅し、
  質問や不明な点に関して即座に回答できるよう、知識を深める。

  また、写真やその他賃貸を検討していただけるお客様に対して、
  豊富な提案資料を用意し、媒介を受けている責任を持って提案力を付ける。


もちろん、上記全てを行ったからと言っても、
なかなか改善されない部分もあるかと思います。

しかし、積み重ねと取り組みが必要なのは確かです

そうすれば必ず結果となり、いい方向に向かっていくものと思われます


浅草、台東区周辺の不動産の賃貸・管理・売買に関することは、
お気軽にルームキューブまでご相談ください

お問い合わせは03-5806-3123
もしくは下記お問い合わせフォームよりお願い申し上げます。

【関連記事】
賃貸市場は閑散期。空室をどうするか?

賃貸物件所有のオーナー様は・・・
◆オーナー様ご相談フォーム◆
↑こちらをクリック

上野・入谷・浅草・秋葉原・文京区・荒川区・墨田区など台東区周辺で賃貸物件をお探しの方は・・・
◆賃貸お部屋探しご相談フォーム◆
↑こちらをクリック

【本日のオススメ賃貸物件】
スカイレジテル
押上・錦糸町で8帖以上の賃貸のお部屋をお探しの方に!

【本日のオススメ売買物件】
リライズガーデン西新井スカイレジデンス
免震構造・オール電化!再開発が進む西新井の高級ハイグレードレジデンス☆


人気ブログランキングへ
↑読んだぞこらっって方はクリックお願いします

---------------------------------------
台東区賃貸管理センター
台東区賃貸管理センター
東京都台東区北上野1-15-5ニューシティレジデンス上野タワー1F
TEL 03-5806-3123
FAX 03-5806-3122
---------------------------------------
浅草の賃貸なら・・・
東京都台東区雷門2-3-12-1F
台東区浅草の賃貸不動産会社
台東区浅草 不動産会社
TEL 03-5827-1321
FAX 03-5827-1322
---------------------------------------

マンション・アパート管理、不動産会社相談、管理会社変更、家賃・賃料査定、その他入居者の方に関する契約、クレーム、トラブル、退去精算、更新などのご相談をいつでも無料で受け付けております。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浅草の賃貸不動産管理会社

Author:浅草の賃貸不動産管理会社
人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン
↑「不動産」、「不動産業界」カテゴリーで上位ランキング挑戦中!



↑賃貸管理についてはこちら





賃貸管理、賃貸仲介に関する長年の経験をもとに、お部屋探しのお客様、不動産経営をされている大家様、オーナー様の為のブログ。
浅草を中心とした台東区の掘り出し物件情報、マンション管理の基本的な話、管理の裏話などを書いております。
お部屋探しのお客様は是非お気軽にお問い合わせ下さい!親身にお部屋探しのお手伝いをさせて頂きます(^-^*)
また、台東区周辺、墨田区や荒川区も含め、新たに管理会社をお探しの方、現在の管理会社の変更などを検討中の方、リノベーションや民泊ビジネス(Airbnb)を検討中の方など、お気軽に大家様連絡先フォームよりご連絡くださいませ。

東京都台東区北上野1-15-5カスタリア北上野1F
台東区賃貸管理センター
TEL 03-5806-3123
FAX 03-5806-3122
HP : http://www.taitoku-chintai.com/

東京都台東区雷門2-3-12-1F
浅草の賃貸はルームキューブ浅草店
TEL 03-5827-1321
FAX 03-5827-1322
HP : http://room.q-be.co.jp/

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。