スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東の地震と耐震性

人気ブログランキングへ
↑クリックで更新をあおって下さい

こんにちわ。
台東区賃貸管理センターの桜井です。

先日の東日本大震災により、被害に遭われた方々やご親族の方に、
心よりお見舞い申し上げます。

2010年1月1日現在、文部科学省によると三陸沖中部・宮城県沖は、
30年以内にマグニチュード8程度の地震が起こる確率が99%と予想されていました。

その予想通り、実際に三陸沖と茨城県沖の地震も同時に引き込み、
想定を上回るマグニチュード9以上という超大型の地震を起こしてしまいました。

その、文部科学省の資料の中で、今、一番発生確率が高いとされているのが、
あの「東海地震」で、その発生確率は87%とされています

仮に、「東南海地震」(発生確率65%)と「南海地震」(同60%)が連動すれば、
マグニチュード8.5以上の大地震が起こると言われ、
東海・近畿・四国更には九州地方までもが大きな被害に巻き込まれてしまいます

そんな「東海地震」に意識を奪われている裏で、
南関東の直下型地震の発生確率は70%程度と言われ、
その規模はマグニチュード7程度と言われております。

地震の発生確率と分布図

私達の住む東京湾北部に想定規模の直下型地震が起きれば、
建物倒壊による死者だけで5,600人が想定されています

約1,200万人が住む東京、関東地方全域では4,100万人の人口ですから、
5,600人という想定は東京だけで見ても約1万分の5程度、
関東地方全域で見れば約1万分の1程度なのですが、
決して、その数字を軽視してはいけません

また、あくまで想定はマグニチュード7の場合であり、
地震はマグニチュードが1上がるだけでその地震のエネルギーは32倍にもなります。

更にマグニチュードが2上がって、7から9になると、
そのエネルギーは1000倍にもなってしまうのです

阪神淡路大震災のマグニチュードは7.3でした。

10万棟以上の建物が倒壊し、6,400人もの犠牲者が出ました。

世界中のマグニチュード6以上の地震の20%以上が発生する地震大国日本に住んでいる限り、
地震に対する対策というものは常に行わないといけないものなのです。

しかし、こんなデータもあります。

阪神淡路大震災の時に大破倒壊した建物の割合は、
旧耐震基準で建てられた昭和56年以前の建物が99%と集中しています。

反面、新耐震基準で建てられた昭和56年以降の建物の大破倒壊は1%と、
耐震性が大幅に向上しているのです。
(昭和56年=西暦1981年)

しかし、新耐震基準で建てられている建物だといっても、
更に念を入れて地震に対して警戒をしておくという考えも大切です

耐震性の弱い建物と強い建物
~地震に弱い建物の例~
(ちなみに僕の住んでいる家は左下の奴に当てはまります

添付した図は、構造上、地震にあまり強くないとされる建物の一例です。
それ以外にも、「重心が建物上部にある建物」(瓦屋根など)や、
「重心と剛心がズレている建物」(前面が開口部の大きい店舗のある建物など)も、
地震の揺れには弱いとされています

これに対し、円形や正方形、震源に短い辺が向いている長方形、
低層の鉄筋コンクリートの建物などは地震の揺れに強いとされています。

重心が中心にあったり、揺れを建物の一番強い面で受け止められたり、
接地面が広く建物全体を受け止められるからでしょう。

私達、不動産業者の中でも、心配をされるお客様に対して、
こういった説明をしっかりと出来るようにしないといけないと思っております。

昭和56年以降の物件は倒壊がなかったから大丈夫だと思いたいのですが、
物件探しの際は、賃料や立地、広さや設備、ペット可条件や、初期費用安めなど、
考えられる一般的な希望条件の他に何か気にしている点として、
建物自体の耐震性というものがあってもいいんじゃないかなと思っています

物件探しは、あまり条件を増やし過ぎても理想の物件は見つかりませんし、
条件が曖昧過ぎても、どの物件を見ても決め手に欠けてきます

まずは何を一番重視しているのかをしっかりとお伝え頂ければ、
必ず希望のお部屋を探し出してみせます

ふと、地震のことが頭をよぎるような方は、
是非、当社にご連絡頂けれたらと思います

メールでのお問い合わせはこちら

もしくは03-5806-3123まで

【本日のオススメ賃貸物件】
パークアクシス仲御徒町
大手企画の高級賃貸「パークアクシス」!仲介手数料なし!

【本日のオススメ投資物件】
スカイコート浜松町

上野・入谷・浅草・秋葉原など台東区で賃貸物件をお探しの方は・・・
◆賃貸お部屋探しご相談フォーム◆
↑こちらをクリック

賃貸物件所有のオーナー様は・・・
◆オーナー様ご相談フォーム◆
↑こちらをクリック

---------------------------------------
台東区賃貸管理センター
台東区賃貸管理センター
東京都台東区北上野1-15-5ニューシティレジデンス上野タワー1F
TEL 03-5806-3123
FAX 03-5806-3122
---------------------------------------

人気ブログランキングへ
↑読んだぞこらっって方はクリックお願いします

---------------------------------------------
東京都台東区雷門2-3-12-1F
台東区浅草の賃貸不動産会社
浅草の賃貸
東京の賃貸物件を所有の大家様へ
TEL 03-5827-1321
FAX 03-5827-1322
---------------------------------------------

マンション・アパート管理、不動産会社相談、管理会社変更、家賃・賃料査定、その他入居者の方に関する契約、クレーム、トラブル、退去精算、更新などのご相談をいつでも無料で受け付けております。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浅草の賃貸不動産管理会社

Author:浅草の賃貸不動産管理会社
人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン
↑「不動産」、「不動産業界」カテゴリーで上位ランキング挑戦中!



↑賃貸管理についてはこちら





賃貸管理、賃貸仲介に関する長年の経験をもとに、お部屋探しのお客様、不動産経営をされている大家様、オーナー様の為のブログ。
浅草を中心とした台東区の掘り出し物件情報、マンション管理の基本的な話、管理の裏話などを書いております。
お部屋探しのお客様は是非お気軽にお問い合わせ下さい!親身にお部屋探しのお手伝いをさせて頂きます(^-^*)
また、台東区周辺、墨田区や荒川区も含め、新たに管理会社をお探しの方、現在の管理会社の変更などを検討中の方、リノベーションや民泊ビジネス(Airbnb)を検討中の方など、お気軽に大家様連絡先フォームよりご連絡くださいませ。

東京都台東区北上野1-15-5カスタリア北上野1F
台東区賃貸管理センター
TEL 03-5806-3123
FAX 03-5806-3122
HP : http://www.taitoku-chintai.com/

東京都台東区雷門2-3-12-1F
浅草の賃貸はルームキューブ浅草店
TEL 03-5827-1321
FAX 03-5827-1322
HP : http://room.q-be.co.jp/

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。